洗顔する女性

「スキンケアの基本は洗顔」って言われるくらい、「洗顔」は大切なものよ。

正しい方法で洗顔を続けた人と、間違った方法で続けた人とでは将来、その積み重ねが大きな肌の状態の差になるわ。

あんた、毎日の洗顔でそんなことを意識してる?

え?
適当に洗ってるだけだって!?

あんたってホントにどうしようもないバカね!
それでも女なの!?

あたしが洗顔の基礎知識を教えてあげるから、しっかり頭に叩き込みなさい!!

洗顔の役割は皮脂汚れをしっかり落とすことよ。

肌に残った皮脂はニキビの原因になるし、古くなった皮脂が酸化すると肌トラブル、肌の老化のもとになるわけ。

だから洗顔でしっかり皮脂汚れを落とすことが重要なわけよ。

洗顔料には「うるおい成分」、「ビタミンC」、「美白成分」、「保湿成分」などが含まれたものがあるわね。

なに?
それくらいは知ってるって?

役に立たないことだけは知ってるのね!

もちろんそれらの成分は肌に良いものかも分からないけど、あくまでも洗顔の目的は肌の皮脂汚れをしっかり落とすこと。

余分な成分を含んだものよりも、自分の肌に合った「洗浄力」のもの、自分の肌に合った「洗浄成分」が配合されたものを選ぶことが洗顔料を選ぶ際には重要なの。

それから洗顔料にはクリームタイプや泡タイプ、リキッドタイプ、パウダータイプなど色々な形状のものがあるわよね。

これも形状によって選ぶというよりも、しっかりと皮脂汚れを落としてくれるものということを基準に選ぶようにしたいわ。

あ、そうそう、皮脂の分泌量って季節によっても違ってくるものよね。
夏はたくさん汗をかくし、皮脂も大量に分泌されるわ。

反対に冬は皮脂の分泌量が少なくて肌が乾燥しがちよね。

なのに夏と冬で同じ洗顔料を使うっていうのもおかしな話だと思わない?

あんただって衣類の洗濯をするときは、洗うものや汚れの程度に応じて洗剤を変えるでしょ。

それと同じで、季節ごとの肌の状態に応じて洗顔料の種類を使い分けるのもいいと思うわ。

もちろん皮脂の分泌量が多い夏には洗浄力が高めの洗顔料を、皮脂量が少なく乾燥しがちな冬には洗浄力が弱めの洗顔料を使うのよ。

実際に洗顔するときに大切なのは、手で顔をこすらないように注意して、洗顔料をたっぷり泡立ててから洗うこと。

そう、洗顔の基本は「泡で洗うこと」なのよ。

手で洗顔料を泡立てるのが苦手な人は「泡立てネット」を使うのもいいわね。

指と顔との間に洗顔料の泡でクッションをつくり、泡で顔をマッサージするようにやさしく洗うのが大切なのよ。

分かった!?

せっかくだからあたしのおすすめの洗顔料をあんたにも教えといてあげるわ。
それは「どろあわわ」と「くろあわわ」よ。

おなじ会社が販売している洗顔料なんだけど、「どろあわわ」の方はしっとりタイプで、「くろあわわ」の方はさっぱりタイプ。

肌質や好みに合わせて使い分けることができるのよ。
ちゃんと「泡立てネット」も付いてるわ。

泡立てネットを使って泡立てたらモコモコ・フワフワの泡がたっぷりできあがるわよ。

新どろあわわvs新くろあわわ【比較体験談】管理人が本音で評価!

このサイトにはそんな「どろあわわ」と「くろあわわ」を実際に使い比べている様子が書かれているからあんたも参考にすることね。

いい!?
必ず目を通すのよ!!