20代の女性

20代の肌ってきれいよね。
うらやましいわ……。

でもね、きれいだからってスキンケアを怠けてたら、あっという間におばさんの肌になっちゃうんだからね!

あんたもせいぜい気をつけることね!!

そもそも人って生まれた時が一番肌の状態が良いって言えるのよ。
真皮の水分は赤ちゃんの時には80%あるのに、20代になると65%まで減るわ。
もちろん、その後も減り続けるわね。

これは肌の水分・うるおいを保つヒアルロン酸やセラミドなどが減っていくからなの。

それだけじゃないわ。
肌のハリ・弾力を保つ働きをするコラーゲン線維やエラスチン線維なんかも、齢を重ねるほどに減少していくのよ。

それから肌の大敵の紫外線は、10代までに一生に浴びる紫外線の約6割を浴びるって言われてるわ。

これが齢を取るほどに肌へのダメージとなって表れてくるわけなのよ。

まあ、ここまでが前置き。
20代の肌の話に入っていくわよ!

20代前半の角質層はしっかりバリア機能が働いている状態。
紫外線をはじめとした外部からの刺激から肌を守り、うるおいもしっかり保っているわ。

真皮の中のコラーゲン線維やエラスチン線維も規則的にしっかり並んでいる状態。
つまり肌のハリや弾力もちゃんとキープされていると言えるわね。

まあよほど不規則な生活やひどい睡眠不足、超極端なダイエットなんかをしない限りは、そんなに肌トラブルに見舞われることなんかないのが20代前半のお肌なのよ。

そんな20代前半のあなたに一番気を付けて欲しいのが紫外線対策なの。
そう、UVケアね。

紫外線のダメージって少しずつ肌の内部に蓄積していくものなのよ。
そしてある時気付いたら、これまで見たことのなかったシミが現れるってわけ。

だからUVケアだけは20代だからって怠ってちゃだめよ!
というか、UVケアはすべての年代を通じて、スキンケアの重要事項なのよ!!

しっかり覚えておいてね!!

20代後半になると肌にも変化が見えてくるわ。
これは色んな所で肌の若々しさを保つために重要な働きをする女性ホルン「エストロゲン」が、25歳をピークに減少し始めるからなの。

エストロゲンの減少に伴って、肌の乾燥や小じわ、毛穴の開きなどが見られるようになってくるのよ。

実はエストロゲンはストレスや睡眠不足、不規則な生活などでも減少するの。

加齢でエストロゲンが減少するのは避けられないことだけど、ストレス等による減少はきれいな肌のためには絶対に避けるべきよね!

生活習慣を整えることが大切よ!

それから肌に蓄積された紫外線のダメージも放っておけないわ。
20代後半になったら高い抗酸化作用を持ったビタミンC誘導体が配合された化粧水を使っていくのがおすすめよ。

これでシミやシワの予防ができるわ。
それに上でも書いたけど、UVケアは必須よ。

お肌の老化の80%は紫外線の影響による「光老化」だって言われているの。
UVケアを怠ったらひどい目に遭うわよ!